スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バングラデシュが教えてくれた大切なこと⑧

 新しく生まれてきた君へ、

     列車の汽笛よりも高く その産声を響かせよう  
            車輪の振動よりも力強く、その手足で大地を振るわせよう   
  
  Kawran Bazar 7   
  
    怖れることはない、君は一人じゃない 
 
    きっと君は、その小さな足で、力強く大地を踏みしめ、矛盾と混乱と可能性に満ちたこの社会を、楽しみながら生きていけるはずだ    


 

    間断なく鳴り響くクラクションが支配する無秩序な交差点を突破したリキシャは、その車体をガタガタと揺らしながら人の海を泳いでいく。額から滴り落ちる汗をぬぐいながらリキシャを降りた僕は、鼻を突くような大量の川魚の生臭さと軒先に吊るされた巨大な牛肉の塊が発する血の臭い、そして人と鶏の叫び声が混ざり合う市場に入っていく。

  ふと、汽笛が聞こえた。

  人々は、魚や野菜を並べた目の前のザルを少しばかり移動させる。ほどなく汽車の巨大な車輪が、ザルの20センチほど前を通り過ぎていく。汽車の屋根で飛び跳ねる命知らずの子供らが、最高の笑顔で手を振ってくる。線路脇には共同住宅が密集するスラムが広がっている。

 ここはダッカの巨大な市場、カウラン・バザール(Kawran Bazar)

 1億5千万人が豊かさを求めて前進を続けるバングラデシュの熱気と矛盾が織り成す原色の風景の中、週末、僕は一杯5タカ(約5円)の茶をすすり、ベンガル語での会話を楽しみつつ、人々の仕事の様子や生活の息遣いを五感の全てで吸収する。そんな時間と空間が、自分の狭い思考や視野に、新しい地平線を齎してくれることに気付く。日々目にする余りに多くの情報に飲まれて、情報に反応する力が鈍くなった僕の右脳と心に、様々な漣を立ててくれることに気付く。

  Kawran Bazar 2

 線路は列車が通るためだけにあるものだと、いつ誰が決めたのだろう。数十分おきに長距離列車が横切るこの空間は、人々の仕事場であり、市場であり、食堂であり、寝床であり、また子供たちの遊び場だ。

 例えば、列車の車窓から、あるいは市場で取引をする人々の手から、次々と線路脇に投げ置かれる様々なものたちを、僕らは「ゴミ」と呼ぶだろう。しかし、創意工夫と好奇心に満ちたカウランバザールの子供たちにとっては、「新しいおもちゃを作る材料」だ。

 子供たちの手にかかれば、かつて商品を梱包していた発泡スチロールと、泥まみれの新聞紙は、バトミントンを楽しむための、手ごろなラケットとボールに早代わり。
  
 空のペットボトルと洗剤容器なんて見つけた日には、たちまち水鉄砲の出来上がり。

 ほこりにまみれた糸くずと、そこらのヤギの胃に入ろうとしている紙切れを見つければ、器用に凧をつくって、高々と空に掲げる。

 
   Kawran Bazar 5
 ~ペットボトル容器とスプレーの頭でつくった水鉄砲を、当たり構わず打ちまくる男の子。後ろで若干いらだっているお母さんの叱り声もどこ吹く風だ~

 いわゆる発展途上国のスラムは、悲しげなバックグランド・ミュージックと、子供たちの泣き声というお決まりのセットで、いわゆる先進国のお茶の間に映し出される。でも、少なくともダッカの多くのスラムは、そんな人工的なシーンからは感じられない、人々の力強さと笑顔と創意工夫に満ちた場所なのだ。 そして、そんな豊かさを、日本はむしろ失いつつあるものではないか。 そして今や課題先進国となった日本を前進をする上で、日本人一人ひとりが取り戻さなければならないものではないか。
 

   Kawran Bazar 6

 翻って今、この国は、「戦犯問題」を契機とする独立以来の最大の困難に直面している。人々が掲げるそれぞれの「正義」の間にある大きなギャップが、暴力と怒りの連鎖を生んでいる。 そして、この困難を、バングラデシュの人々は、自らの力で乗り越えていかなければならない。電力不足やインフレといった、目に見える数字で表せる課題よりももっと困難な、バングラデシュというひとつ国の中で国民を分かつ目に見えない壁を、乗り越え、連帯していかなければならない。

 そして、僕はこの国の人々には、そのための力があると信じている。

 内なる壁を乗り越え連帯していく力の源泉・・・それはベンガル語という共通言語だ。そして、それを使って相手の言葉に耳を傾け、自らの思いを発信する力だ。独立後40数年を経て蘇った戦犯問題という名の亡霊が人々の心を支配するなかで、選挙という起爆剤を控えこんだ2013年という時代において、この国の中に確かに根付いているそんな力を、国民一人ひとりが発揮し、壁を乗り越えていくことを願ってやまない。

  バングラデシュの人々やバングラデシュでの生活が教えてくれた大切なことは、以下にまとめています。

  「バングラデシュが教えてくれたこと⑦ ~母語の日を迎えて~
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと⑥  ~縫製工場での出会い~
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと⑤  ~ハオールの水に浸かりながら~
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと④  ~農村での出会い~
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと③  ~ダッカの道端での出会った体重測定屋~
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと②  ~直視するということ~」
  「バングラデシュが教えてくれた大切なこと①  ~川の流れを見つめながら~
 
 
スポンサーサイト
バングラデシュが教えてくれた大切なコト | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/03/07 16:31
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。