スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ここに自分が入院したら無事退院できるだろうか?

 4年前の夏、インドのハイデラバードに拠点を置くBASIXというマイクロ・ファイナンス機関での1ヵ月半にわたるインターンの終わりを数日後に控えた僕は、39度を越える突然の高熱に見舞われていた。飲み物・食べ物にアタッタのか、日ごろの行いが悪くてバチが当たったのか、原因は分からない。兎に角、職場の同僚に付き添われながら連れて行かれた市内の公立病院は大勢の人々で溢れかえっていたが、何故かすぐに診察室に通されほっと一息。医師の診断を受けた後、幾分かの緊張感とともに、自分の腕に繋がれた点滴の袋の液体が少しずつたれてくるのを眺めている最中に事は起こった。

 停電。

 暗闇に包まれる院内。ジェネレーターはなかなか稼動しない。永遠のように感じれられた5分間が過ぎ、ようやくノロノロと回り始めた天井のファンと共に、病院の薄汚れた白壁が照明に照らしだされた。僕は薬とともに無事病院を後にした。しかし、この間、手術を受けていた人はどうなったのだろう。こん睡状態で人工呼吸器をつけていた入院患者は?今まさに出産しようとしていたお母さんと赤ちゃんは?果たして無事に病院を出ることができるのだろうか?




 バングラデシュのお正月とも言えるEid(イード)の祝日を利用して訪れた、ダッカから北東に160キロのところにあるSrimangalという街には、一つの公立病院と複数の私立病院がある。今回、ガイド役の地元の大学生Shekhardey君と病院の職員や医師の方々の協力の下、飛び入りで、公立病院と私立病院をそれぞれ一つずつ訪問し、医療従事者の皆さんから直接お話を伺う機会に恵まれた。幸いなことに、今回は発熱や下痢で病院に担ぎ込まれた訳ではない。

Srimangal Upazila Hospitalの受付

 最初に訪問したのは、約2万4千の人々が暮らすSrimangalの唯一の公立病院であるSrimangal Upazila Hospital(Upazila;ウポジラとは郡の意味でバングラデシュの地方行政単位)。31のベットは全て入院患者で埋まっており、9名の看護士が働き、4名の医師が登録されている。

Srimangal Upazila Hospitalの看護士さん
    (入院記録を片手に、一月の出産件数を確認してくれる看護士さん)   

 看護士さんのお話では、この病院は中低所得層の人々向けのGeneral Hospital(総合病院)で、外来・入院とも様々な症例の患者に医療サービスを提供する。その中でも特に出産が多く、一月で約100件の出産がこの病院で行われるらしい。なお、妊婦さんの出産前後の入院は通常では2-3日という。現在Eidの祭日期間中であるとの理由で、4人の医師は不在であった。

     Srimangal Upazila Hospitalの病室

 出産後の養生、腸チフスや赤痢などによる重度の下痢、マラリア等による高熱等、入院している患者さんの症例は様々。ガイドのShekhardey君の話では、医師は登録されていても自分が別途経営している私立病院との掛け持ち等の理由で公立病院には現れないケースも多く、また緊急に治療が必要な場合でも、長時間待たされることも稀ではないという。上の写真の通り、比較的大きな部屋に仕切りもないまま並べられたベットに大勢の症例の異なる患者が寝かされているため、プライバシーはゼロであるし、院内感染の発生も懸念される。Shekhardy君やドライバーのChanさん、そして村であった人々から話を伺ったところ、バングラデシュの人々は体調が悪くなるとたいていの場合、
 ① 街の薬局で薬を買って自力で何とか回復を試みる(幸いバングラデシュはGeneric Medicineの生産が盛んであり、街中には多くの薬局が軒を並べている。薬の値段は10タカ~300タカ程度(1タカ=1円)程度であり、低所得層にとっても、手に入らない値段ではない)
 ② それでも直らない場合は、村医者のところに行く(ただし、この村医者は正規の医師免許を持っている者ではなく、3-6ヶ月程度の研修で認定を受けたRMP(Rural Medical Practitioner)と呼ばれる医療従事者である。また村レベルでは現在でもTotkaと呼ばれる祈祷師や、Tobirajと呼ばれる精神療法師など、伝統的な医療従事者も幅を利かせているという)
 ③ さらに状況が悪化した場合、そして私立病院へ行くお金がない場合は公立の病院に行く(たいていの場合は家族や友人に担ぎこまれる)
というプロセスを経るらしい。つまり、一見して人的、施設的に極めて不十分なこの病院が、この郡の大半を占める中・低所得者層にとっては最後の砦なのだ。



 次に訪問したのは、Srimangalの街の中心から1キロほど離れたところにある私立病院だ。ここでは院長のDr. Shandra Ghuhsがわざわざ時間をつくって院内を案内してくれたほか、30分近くにわたり僕たちの質問に答えてくれた。
 
     Dr. Shandra Ghuhs
  (丁寧に質問に答えて下さったDr. Ghuhs)

 この病院はベッド数は9、医師はDr. Ghuhsとその息子さんの2名、そして6名の看護士が働いている。Dr. Ghuhsはもともと公立病院の医師であったが1980年に退職、1988年にこの病院を開設した。妊婦のほか、やはりマラリア、腸チフス、赤痢の患者が外来、入院とも多く、また胆石で手術を受ける例も多いと言う。入院費用は、AC(エアコン)付きの個室では一日800タカ、ACなしの個室でベット二つ(患者と付き添いの家族用)の部屋は一日250タカ、ACなしでベット一つだけの個室は一日100タカ。両ドクターのご自宅が病院と隣接しているため、24時間対応する体制ができている。「ちなみに僕が酷い下痢で先生に診断を受けたらおいくら必要でしょうか?」とたずねると「診断と処方箋を書くのに200タカかかります。その処方箋をもって薬局に行ってもらいます」との回答。つまり200タカに加えて薬代(そして自宅から病院への往復の交通費)がかかるのだ。これは中・低所得者にはかなりの負担だ。

     Srimangalの私立病院の手術室

 こちらは手術室。この日の朝も2件手術をしたらしい。機器は20年近く前に購入した古いものばかりだが、手入れはしっかりされているように見える。公立病院と比較すれば明らかに機器、体制共に充実しているが、バングラデシュには公的健康保険制度がないため、実費受診が求められる私立病院は、中・低所得者層にとっては手の届かない存在だろう。

     Srimangalの私立病院
     (Dr.Shandra Ghuhsが運営するSrimangalの私立病院)

 

 公衆衛生・保健医療の究極の指標とも言える平均寿命。バングラデシュは66歳だ。日本を20歳近く下回るバングラデシュの平均寿命は多くの赤ちゃんや子供の死によって齎されている。1,000人中65人の子供が5歳以下で命を落とす妊娠や出産が原因で亡くなる女性の割合は1,000人中3.2人助産師を伴う出産はバングラデシュ全体で尚僅か17.8%にとどまっている。(2007年現在、WHOの統計より)。
 安全な水へのアクセスの欠如や電力供給の圧倒的な不足という現実はそこら中に存在する。不衛生な環境、そして真っ暗闇の中で、頼りになる助産師の手当てもないままの出産はいかなるものか。出血多量やショックで母子共に命を落とすことも多いと言う。

 つまり、先進国の視点で見れば、圧倒的に不衛生で設備面、体制面で心もとない事極まりない病院ですら、そこで出産できるというのは、この国の、特に人口の8割を占める農村地域では、相当程度恵まれたことなのだ。

 この厳しい現実は何が齎しているのか?

 まず、医師一人に対する人口は2,860人(日本は約500人)、看護士一人に対する人口は5,720人(日本は約100人)(バングラデシュの統計は2007年現在、WHOより、日本の統計はOECD Health Data 2011より)という統計に見られる人材不足、医薬品・医療機器の不足等が第一の要因として挙げられるが、その他にも、全国民が利用できる健康保険制度の欠如、保健衛生をつかさどる厚生省(Ministry of Health and Family Welfare)が全国の病院に十分なリソースを行き渡らせ、届けたりソースの利用状況を管理し、次のリソース配分に活かしていくためのマネジメントの仕組みの不十分さなど、行政の制度や仕組みの不備も大きく影を落としている。

 そもそも、この国には、地方議会は存在するが、住民代表たる議員が決めたことを実施するための機関、つまり地方自治体、と言うものが存在しない。あらゆる行政サービスはUnion(10-15の村落が合わさった行政区画、上記のUpazilaはさらに10ほどのUnionを単位として構成される)に拠点を置く、各省庁の出先機関、中央の指令に基づいて画一的に提供されているのだ。つまり、地域の住民ニーズを行政に活かすためのインターフェースが須らく欠如している訳だが、このことは、人々の日々の暮らしに最も密接な影響があり、地域ごとにそれぞれの事情に応じた対応が求められる保健・衛生行政にとって、好ましい体制とは全く言えないだろう。

 こうしたマクロの数字や制度面の問題点は、世銀や国連機関がまとめるレポートや日々の仕事の議論の中で当たり前のように触れているが、それらが真にどのようなことを意味しているのか、今回の旅はその答えに近づくためのヒントを僕に教えてくれた。

 自分自身が腸チフスで倒れ(これは相当あり得ることである)高熱と重度の下痢・嘔吐の中で病院に運ばれたはよいが、医者が4時間も、5時間も現れず、病院の廊下で転がされたままだったら、僕はどうなっちゃうのか!?
 
 自分の家族が、上記で紹介してきた病院で入院し、手術を受ける、あるいは出産をする、ということになったら、一体自分はどうするのか?
 
 病院たどり着く交通手段(舗装された車が通れる道)やお金すらない場合、自分は一体どうするのか?どうなってしまうのか??

 こんな切実な問いかけは、この国で、あるいは世界中の途上国で日々、人々が苦悶と共に投げかけているものなのだろう。他方で自分は、日々マクロの数字や統計、制度の特徴などを紙面、あるいはパソコンの画面で目にしながら、それらが持つ、形や色、匂いや声を、感じとっているのか?
 
 Public Policyの担い手として、そして世銀のProfessionalの一人として、マクロで少しでも効果的な変化を起こすためには、ミクロとマクロを往復し、その両方で目にする現象を、自分の思考と感性の中でリアルにつなぎ合わせることが必要だ。そんな終わりのない挑戦を、僕は未だ始めたばかりだ。
スポンサーサイト
バングラデシュでの生活が織り成す物語 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/09/06 23:22
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。