スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

スラムの生活に光を当てることは出来るだろうか?(その1)

 日々変化を続けるメガ・シティ、ダッカ。
 縫製業をけん引役に、産業・経済活動が活発化する首都は、河川の侵食等により土地を失った農家、より良い就業機会を夢見る田舎の若者達などを中心に、毎年30万人~40万人もの人々を引き寄せる。農村からの人口流入等により、ダッカの人口が、1990年の653万人から2010年には1,516万人へと、この20年で約3倍に増加したことは、このブログでも既に何度か紹介した。経済活動が熱を帯び、雇用機会が拡大し、都市のサイズが拡大していく一方で、市民のクオリティ・オブ・ライフは悪化を続けている。都市を支配する末期的な渋滞危機的な電力不足から始まり、牛革加工工場集積地帯であるダッカのハジャリバーグ地区の目を覆いたくなるような環境汚染船舶修復・解体の工事現場で働く人々の厳しい労働環境、ブリコンガ川の水質汚濁と地下水位の低下による水不足、激震災害発生時の脆弱性増大等、急速な都市化がダッカ市民や企業に与える負荷は決して小さくない。そして、都市化が齎す様々な問題の吹き溜まりのような場所が、ダッカ市内のそこかしこに存在するスラムなのだ。

    dhaka slum 1
 ~ダッカのハジャリバーグ地区にあるスラム。すぐ後ろは有毒な排水を垂れ流す牛革加工工場の集積地帯だ~


僕が世銀で担当しているプロジェクトの一つである、世銀資金を活用した政府プロジェクトのThird Party Monitoring(第三者評価)の実施機関であるNGOの一つに、ダッカのダンモンディ地区に拠点を置くResource Integration Center(RIC)がある。RICは、1981年に設立され、総スタッフ数約2,300 名、年間予算5億8,000万タカ(約5億8,000万円)とバングラデシュでは比較的規模の大きなローカルNGOであり、マイクロ・ファイナンスや災害予防、高齢者支援等と併せ、ダッカのスラムの人々の生活実態を中央政府や自治体の政策決定過程にインプットする活動も展開している。具体的には、スラムの住民を組織化して、彼らが抱える問題を認知し、それらをダッカ市や水道局、保健省等の政策担当者に対して直接インプットする、あるいは必要に応じてデモや署名集めをする、といった活動を通じて、放っておけば無視されがちなスラムに対して、水や保健・医療分野でより多くの公的リソースが配分される手助けをする役割を果たしているのだ。

  dhaka slum-2
 ~スラムの脇にある池は人々の洗濯・お風呂場だ。池の前の小屋はトイレ。汚物処理のシステムは無く、直接地面に落ち、積み上がり、そして雨によって流される~

 僕自身、これまで、週末に時間を見つけては、ダッカのスラムを10回以上訪問し、住民の皆さんのお宅にあがり込んで、お茶をご馳走になりながら、彼らから色々と話を伺ってきた。しかし、日常会話程度のベンガル語では、彼らの生活実態を知るにも限界がある。また、地区によって様相が異なるダッカのスラムの現状を、体系だって理解したい、という希望もあった。そこで、RICのプロジェクト・コーディネーターであるムイードさんにお願いしたところ、土曜日にもかかわらず本部に招いてくれ、ダッカスラムの概況やRICのプロジェクトの特徴について説明してくれた後、市内のスラム4箇所に同行の上、現地で展開するField Officerの同僚と共に、スラムで暮らす人々の現状と課題について、より深く理解する機会を設けてくれた。

 ちなみに、僕にとってムイードさんは、これまで、第三者評価実施に当たっての世銀内でのミーティングや地方都市への出張、さらには、Third Party Monitoringに関する南アジア地域のBest Practiceを共有するためにネパールで開催されたセミナー等もご一緒してきたパートナーであり、バングラデシュにおける市民社会の位置付け、市民参加型の開発プロジェクトを実施する際の留意点、そして、お役立ちベンガル語表現、などなど、彼の経験に基づく様々な知識を共有してくれた先生のような存在でもある。


 ところで、スラムとは何だろうか?定義は時代や国によって変わり得るが、RICは「1日1.5ドル以下(つまり、一ヶ月45ドル≒4,000タカ)」の所得階層にあり、基礎的な公衆衛生や医療・教育にアクセスが困難な層が居住している地区」と定義しており、現在スラムの居住者数は、ダッカの人口の約3割に当たる約440万人に上るという。

 スラムに関してよく知られるもう一つの特徴は、その殆どが私有地ないし官有地の不法占拠であり、であるがゆえに、常にInvoluntary Eviction(強制退去)のリスクと背中合わせで生活しなければならない、という点だ。例えば、我が家から10分程度の距離にある「ボナニ湖」の周辺にも、かつて大規模なスラムが展開していたが、年明けに、ブルドーザー等の重機が動員され、跡形も無く撤去させられてしまったのだ。何度もお邪魔したスラムの人々が、わずかな家財道具と併せて、屋根・壁に使っていたトタンや柱に使っていた木の幹をバン・リキシャに乗せてどこかに移動していく様子を見ながら、何ともやりきれない思いにさせられた。もちろん、住民に強制移転に伴う保障金等は支払われない

 しかし、ここに余り知られていない、厳しい現実がもう一つある。それは、ダッカ市内のスラムの住民は、劣悪な公衆衛生環境下にある畳3-4畳分程度の部屋に、いつ強制退去の憂き目に遭うか分からないまま、事実上の占拠をしているだけであるにもかかわらず、その居住者の多くが、毎月の家賃支払を求められるという点だ。しかも、その額は、僕がこれまで数十人のスラム住民の皆さんから聞いてきた結果だと毎月2,500タカから3,000タカ程度(3,000円程度)!!。RICの担当者からも同じ事実を聞かされた。

   dhaka slum-4
 ~スラムの家々は概ねトタンと竹、木の葉、ビニルで作られている。こうした家を造るのには平均5日程度、約1万タカから1万5,000タカ程度かかり、耐用年数は2年程度とのこと。~

 スラムの居住者の多くは、男性はリキシャ引き、工事現場の日雇い土方、ビルの清掃員等、熟練を要しない肉体労働や、市場での魚や野菜の販売に従事し、女性は街中の縫製工場やお金持ちの家庭のお手伝いとして働いているケースが多い。リキシャ引きの一日の稼ぎは、200タカ程度(ダッカの街を行くリキシャの多くはレンタルであり、リキシャ引きは、リキシャの借り賃として、一日80タカ程度、所有者に支払わなければならない)、縫製工場で働く多くの女性の月給は法定最低賃金である3,000タカ程度。こう考えると、上記の金額がスラム住民にとって巨大な負担であることが分かる。当然、一人で負担したのでは、食費も残らないケース多いため、数人・数家族で負担するケースも多いと聞く。

   dhaka slum-3
 ~ハジャリバーグ地区のスラムの中にあるリキシャの車庫。ここのリキシャは、週7日レンタルで、一日50タカのレンタル料で使うことが出来る~

 では、スラム住民から家賃を徴収しているのは、いったいどのような人々なのだろうか。スラムに住む人々が「マリク(ベンガル語で管理人・大家の意味)」と呼ぶ家賃徴収人は、その土地が民有地である場合には、土地の権利を持つオーナー(その多くは、成功した実業家や、古くからの土地持ち)となるが、官有地の場合には、実態が不明だ。RICの職員は、そうした人々のことを、「musclemen」と呼ぶ。どうも、それぞれの地域に有力者(多くの場合はやくざ)がおり、彼らが官有地の上に作られたスラムに住む人々から、「みかじめ料」のような形で、家賃を徴収しているという言うのだ。ちなみに、「musclemen」とは日本語で用心棒の意味。確かに、このヤクザまがいの家賃徴収人は、スラムの人々にとって用心棒のような役割を果たすこともあるという。それは、役人や警官による立ち退き要請や摘発から、スラムの人々を守るという機能だ。「musclemen」は通常、力のある政治家や不法ビジネス集団とつながりを持っており、その影響力を行使して行政の執行権を抑制し、そしてスラムの居住者からRentをSeekしている。

 このように、スラムの生態系は外部からはなかなか把握できない複雑な様相を呈しており、そして、その生態系の最下層に位置する人々は、そのわずかな生活の糧をRent Seekingにより搾取されているのだ。(続く)
スポンサーサイト
バングラデシュでの生活が織り成す物語 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/30 04:04
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。