スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バングラデシュが教えてくれた大切なコト④

泥濘に足を踏みしめろ


 足が重くとも、目的地が霞んでいても、とにかく前へ進め。自分が選んだその道を。
  
    スピードや華やかさに囚われるな。
    
     「俺の歩みはこんなもんじゃない」なんて、過去の自分に酔っている暇は無い。

         まして、他人の歩みなど気にしている場合ではない。

   ただ重心を落とし、己の10本の指が、ぬかるみをシッカリ踏みしめているかに意識を集中させよ。
    
      きっと君は、そこに確かな足跡が深く刻まれていることに気が付くはずだ
 
               


 ダッカの北部約200キロ地点にあるキショルゴンジ県の複数のウポジラ(郡)は、一年のうち約5ヶ月間、増水した河川の水のために大半の地区が水没する。雨季の間、人々は、農作業も出来ず学校にも通いづらい状況の下、僅かな高台に作られた小さな集落で暮らすことになる。

 雨季が到来する直前の5月上旬、現地で活躍する青年海外協力隊の友人と共に、この地を訪れた。そこで目にしたのは、豊かな稲穂が彩る黄金色の大地と、熱い太陽の下、男も女も、子供も老人も総出で、眩しい笑顔を交わしながら収穫作業に取り組む農家の姿だった。

黄金色の田園風景


牧歌的な風景ではあるが、生活は厳しい。収穫した作物を運ぶその“メイン・ロード”は、まったく舗装されておらず、雨季に入る前からあちこちが沼地のような様相を呈している。そんな道なき道を、人々は、掛け声を上げ、足を踏みしめながら、着実に前に進んでいく。そして、彼らが活き活きと今を生き抜くその姿勢が、くっきりとした足跡となって、台地に刻まれている様を、僕は確かに目にした。



 バングラデシュの赴任後、一年が経とうとしている。焦燥、葛藤、不安、猜疑、羨望、孤独といった負の感情に押しつぶされそうになった時もあった。遥か遠くの目的地の確認や過去の自分の取組みの振り返りばかりに気を取られ、足元が覚束なくなった時もあった。

 人生、何を選ぶかということ以上に、選んだ道をどう歩むかが、決定的に重要だ。折り返し地点に差し掛かった今、自分がこの一年付けて来た足跡を見つめなおし、そして、もう一度、バングラデシュと世界銀行というフィールドの感触を、シッカリその足で確かめながら前に進もうという想いを新たにする。

 そして、バングラデシュに雨の季節がやってきた。
スポンサーサイト
バングラデシュが教えてくれた大切なコト | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/13 03:10
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。