スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

バングラデシュの経済は大丈夫なのか?(その1)

 縫製業を中心とする輸出とGDPの10%にも及ぶ海外出稼ぎ労働者からの送金等をエンジンに、過去10年、平均6%の経済成長を実現してきたバングラデシュはもはや最貧国とは言えず、経済規模で世界で上位4分の1に食い込もうとする新・新興国だ。

   バングラデシュ輸出セクターの伸び
   ~2006年第一四半期と比較して、バングラデシュの主力輸出品である衣類(Garment)は2.6倍の伸び、それ以外も2倍近くの伸びを示している~

 また、国民のアイデンティティの中核を形作るベンガル語による密なコミュニケーション、「黄金のベンガル」と呼ばれてきた豊穣な大地がもたらす農作物や大河が恵む川の幸は、国民国家としての強い基盤を作っている。

 こうした中、バングラデシュのMuhith財務大臣は「このままの成長が続けば2050年までに、バングラデシュは世界でトップ15の先進国への一つとなるだろう」と鼻息が荒い。

 しかし、過去の成功物語は、この国が今後もこれまで通りの発展をしていくことを保障するものではない。むしろ、バングラデシュ独立40周年を迎えている昨年来、バングラデシュの経済・社会は大きな曲がり角に直面しつつあるのではないか…各種経済指標を横目に、日々の新聞をにぎわせるニュースや、ダッカ市内の様子を観察していると、こうした懸念が日に日に強まっていく。

    ダッカの風景
          ~市内の高層ビルの23階から臨むダッカの風景 ~

 高まる懸念の背景にあるのは、経済活動の基盤となるエネルギーの圧倒的不足、マクロ経済の安定の揺らぎ、そして、こうした課題を解決できる唯一の主体である政府の貧弱な政策実施能力及び税金徴収能力だ
 
 バングラデシュの電力や道路等のインフラの未整備については、「1キロ10分」と言われる、ダッカの凄まじい交通渋滞頻発する計画停電等を例に、既にこのブログでも何度も触れてきたが、他国との比較の視点を持つと、この問題のスケールがより鮮明に浮かび上がる。

 以下の表は、OECD-World Economic Forumが年に一度公表している「世界競争力ランキング(World Competitiveness Report)」の指標のひとつであるインフラ整備について、バングラデシュ及びその近隣の途上国の状況を比較したものだ。最低評点は1=「極端に未整備(Extremely Underdeveloped)」、最高は7「国際的に見ても広範且つ効率的」までの7段階で評価されている。
 
 quality of infrastructure

 ご覧の通り、バングラデシュは対象142か国中、下から13番目の129位。中国はスリランカはもちろん、「インフラ未整備が成長のボトルネック」と指摘されているインドやパキスタンにも大きく水を開けられている。この中でも特に足を引っ張っているのが電力(1.6)だ。

 この国全体の電力需要・供給の状況については、Bangladesh Power Development Boardのウェブサイトで更新される日次のデータで確認できる。例えば、4月17日の電力総供給は4,202メガワット、総需要は4,909メガワットと出ている。こんな調子で、年間を通じて供給が需要を上回る日はまず無いといってよく、総需要が約5,500メガワットにまで達する夏場はさらに計画停電が増えることになる。そして、需要は毎年伸びていく一方で、供給の伸びは覚束ない。
 
 そして、今やバングラデシュの電力不足はもはや「電力危機」と言うべきフェーズに突入していると言って良い。2010年8月からダッカの新築マンションやオフィスビルへの電力供給停止が実施されていることはこのブログでも既に触れたが、これに加え、今年3月からはバングラデシュ全土の産業部門への電力供給が夕方6:00から朝6:00まで一日12時間停止されている。政府との契約により24時間中断なしの電力供給を約束されていた輸出加工区(Export Processing Zone)でさえ、上記措置に伴う停電が一日数時間に亘り発生し、輸出製品の出荷に深刻な影響が出ている。多くの工場や企業はジェネレーター(自家発電装置)を備えているとは言え、これを途切れなく稼働させるための燃料費や修理費は大きな負担だ。(4月12日付けFinancial Express紙;Power Disruption in EPZs put investors in great trouble

 バングラデシュ衣料製造・輸出業者組合(Bangladesh Garment Manufacturer and Expor Industry Assocation)によれば、頻発する停電による製造の遅れが発生する中、海外バイヤーへの納期を何とか守るため、多くの企業が、船ではなく、航空機での輸出を余儀なくされている。その結果、業界の平均輸送コストが一製品当たり30セントから3.75ドルへと13倍に跳ね上がっているという(4月7日付け Financial Express紙:Power outage hampers apparel sector)。

  ダッカ市内の様子2
~ ダッカ市内に無秩序に張り巡らされる電線。しかし、電線を流れる電気の供給はなんとも心もとない ~

 そして、「産業部門への電力供給の1日12時間停止」という、経済活動を窒息死させるような施策を政府が講じざるを得なかった背景には、「食糧危機の回避」という深刻な事情がある。即ち、現在、今後収穫期を迎えるボロ米の生産に必要な灌漑用電力の不足により、好天にも関わらず国全体が食糧危機に陥る可能性が現実味を増したことから、産業部門に回す電力を農村に回さざるを得なくなっているのだ。  

 バングラデシュは、縫製業を中心にその安価で豊富な労働力から「China+1」、「(BRICに続く)Next11」として、近年日本を含め諸外国からの注目を集めているが、電力不足による生産コスト・物流コストの増は、賃金水準の競争力を相殺して余りあるほどの負のインパクトをこの国の製造業に与え、その状況は年々悪化の一途を辿っている

 そして、今は未だ4月。これからがバングラデシュの本格的な酷暑の始まりであることを考えると、事は余りに重大だ。今年に入ってさらに深刻さを増した電力危機は未だ序章に過ぎない、ということなのだのだから。そして、電力危機とその背景にあるエネルギー不足は、この国が過去10年間保ってきたマクロ経済の安定にも暗い影を落としつつあるのだ(続く)。
スポンサーサイト
バングラデシュの経済・産業が織り成す物語 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2012/04/18 14:45
コメント:
No title
2番目のグラフが違っているようです。確認ください。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。