スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

開発プロジェクトの成果向上のためには何が必要だろうか?(その1)

      Social Mapping の様子①

 ダッカから約40キロ程東に位置する地方都市ノルシンディ(Narshindhi)。市街地に入った後、よく整備された幹線道路Dhaka-Shylet Highwayに別れを告げて小道に入り、青々と広がる田園を横目で見ながら進むこと約45分。相変わらずの渋滞のお陰で3時間超のドライブの末たどり着いた目的地、ジャイナガール・バザール(Jaynagar Bazar)では、村人たちが集まって、大議論をしながら何かを地面に描いている。青や赤色のパウダーで地面に引かれた長い線。その脇に様々な形や色の紙片が並べられる。
 「学校はここだな。」
 「違うわ。学校は河を越えたここの辺りよ。」

 「ここがアムラボの市場。」
 「大きなバナナの木があるところだな。では、この枝を目印に指しておこう。」
     Social Mapping の様子③

 オレンジ色の紙片は小店、ブルーはモスク、緑は学校、と区別されているようだ。そして中心に引かれた青色の線は、村の人々が日常生活や仕事で活用している地方道。人々は、描いた道に沿って、モスクや診療所、学校、河などを並べ、地図のようなものを作っているようだ。しかし、一体何のために?
 その答えは、その後に続く村人たちの議論で明らかになる。

 「このバザールとモスクの間は道幅がやけに狭いから、交通事故がしょっちゅう起こっている。この前も俺の弟が大怪我をした。」
 「ここに橋が架かっているって言うけど、この前の雨季で壊れたまま修理が出来ていないわ。このまま放っておくと、2ヵ月後に雨季が始まったら子供たちが学校に通えなくなってしまう。」

 そう、人々は地面に描いた地図を元に、道路とその周辺について、どこをどのように整備すればよいのかを議論しているのだ。議論に必要な色の付いた粉、ポストイットのような紙片等は、地元のNGO、Population Services and Training Center(PSTC)の担当者が持ち込んだものだ。村人同士の議論をファシリテートするのも、PSTCの担当者。彼らは、議論が男性中心になりかかると、遠慮がちな女性たちを輪の中に引き入れて、議論に女性や子供の意見が反映されるように工夫していく。村人たちの議論をメモにとり、地面に描かれた地図を持ち込んだ模造紙に綺麗に書き直すのも彼らの仕事だ。

 そして、今回の議論の対象となっている村の道は、世界銀行のプロジェクト、Rural Transportation Improvement Projectで整備されたものなのだ。PSTCの担当者がまとめる村人たちの声と情報はレポートとしてまとめられ、バングラデシュ政府のプロジェクト担当ユニット、及び世界銀行のタスク・チームに届けられる。エンドユーザーから直接届けられた情報は、プロジェクトの軌道修正や新たなプランニングに役立てられる
     Social Mapping の様子④   


 この一連の作業は、世銀バングラデシュ事務所にとって初めての試みであるThrid Party Monitoringの一環として行われているSocial Mappingと呼ばれるものだ。世銀のプロジェクトの効果を高め、初期の成果(Results)に結びつくようにするべく、エンド・ユーザーの視点と情報を、現地のNGOと協働しながら把握していくこの作業。ポイントは、得られる情報が第三者且つ草の根の視点であること、現在進行中のプロジェクトに対して実施されること、何より、サービスの受け手である住民、実施主体である政府と世銀、そしてその間をつなぐNGOにとって、プロジェクトの効果を向上させていくための学びの機会(Learning Oppotunity)であるという点だ

 世界銀行は、実施中の全プロジェクトに対して基本的に四半期に一回ベースで政府の担当者とともにプロジェクトの現場を確認し、その結果等を元に政府側と議論をして改善すべき点を覚書(aide memoire)として政府と共有するとともに、内部報告用にはImplementation Status Report(ISR)としてまとめる。プロジェクト終了後は、担当チームがImplementation Completion Report(ICR)を内部報告用にまとめるとともに、世銀の評価専門部隊であるIEG(Independent Evaluation Group)が独自の視点で事後評価を実施し公表する。このように、プロジェクトが予定通り進捗しているか、初期の成果は上がっているかどうかを確認し議論する体制はできてはいるものの、これだけでは把握しきれない情報は数多くある。

 最大の問題は、世銀のタスク・チームが政府の担当者とプロジェクトの現場を見て回る際には、往々にしてその現場は、“いつもと違う”状況にしつらえられている、ということだ。何週間も前から訪問が現地に伝えられ、政府の現地オフィスも、プロジェクトの受益者も、「よそ行き」の装いで「ご一行様」を迎えることになる。また、滞在時間も限られているため、広いプロジェクトの現場を全て回ることは難しい。さらに、自分が担当しているプロジェクトであるがゆえに、「このプロジェクトは上手くいっています!」という良い報告をしたいというバイアスが政府側にも、世銀側にもある程度生じてしまうことも否めない。

 こうした問題点をカバーし、世銀のResults重視の姿勢を、Civil Society(NGOやNPO等)と連携しながら強化するのがThrid Parity Monitoringだ。次回以降、僕が担当しているこのイニシアティブについて、Social Mapping以外のツールも紹介しつつ、試行錯誤の様子を共有していきたい。(続く)
スポンサーサイト
バングラデシュと世銀の協働が織り成す物語 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/02/29 20:10
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。